MacのOSをMojave 10.14にアップグレードする

2018年9月25日にmacOS Mojave 10.14が一般向けにリリースされました。
物は試しに、早速入れてみました。
以下、その実況です。
<MacのApp Storeからの操作>
<インストーラーUSBからの操作>の二通りがあります。
何れにしても、現状のバックアップを取ってから作業する事をお勧めします。
操作が正しくても、稀に失敗する事があるからです。

文章読むより、動画で見たい方は、こちらを。
MacのApp Storeからの操作


<MacのApp Storeからの操作>

  1. 準備をします。
    • 所要時間は、トラブルがなくても一時間前後掛かりますので、
      時間に余裕のある時に実施して下さい。
      途中で何かしらのトラブルが発生すれば、もっと時間が掛かる事になります。
    • 作業の途中で、管理者アカウントが必要になります。
    • 最後の方で、OS再起動が掛かり、アプリケーションは全て閉じられますので、
      書きかけ書類などは保存して閉じておいて下さい。
    • ノート型の場合、電源に接続されていないとアラートが出ます。
      バッテリーが途中で切れると、深刻な障害を起こす可能性がありますから、
      必ず電源を確保してから、作業を始めて下さい。
      (とは言え、100%フル充電を使い切る事は殆どない)
  2. Macで「App Store」を起動します。
    「App Store」の起動の仕方は、何通りかあります。
    • 画面左上のアップルメニュー(リンゴマーク)から、「App Store…」を選択。
    • 「アプリケーション」フォルダから、「App Store」をダブルクリック。
    • Dockの「Launchpad」から、「App Store」をクリック。
  3. App Storeのウインドウ、右上の検索窓に「Mojave」と入力し
    [return]キーを押します。
  4. 絞り込まれたものの中から、
    「macOS Mojave」の「ダウンロード」ボタンをクリックします。
    • 対応していないMacからだと、
      アラートが出てダウンロードもインストールもできません。
  5. ダウンロードが始まりますが、進捗がよくわかりません。
    ダウンロードが終わるまでに10分前後掛かります。
    (私の手元の環境では12分ほど掛かりました)
    Dockの「アプリケーション」フォルダのアイコンの下に
    小さく進捗を示すプログレスバーが表示されていますが、見辛いです。
  6. ダウンロードが完了すると、自動的にインストーラーが起動します。
    • もし、自動的に始まらない場合は、
      「アプリケーション」フォルダ内にあるインストーラーを開いて下さい。
      「macOS Mojaveインストール」という名前です(日本語環境)。
      英語環境なら「Applications」フォルダ内にある
      「Install macOS Mojave」という名前です。
  7. インストーラーが起動したら、「続ける」をクリックします。
  8. 「ソフトウェアの使用許諾契約」が表示されるので、目を通し、
    「同意する」をクリックします。
  9. アラートが出るので、更に「同意する」をクリックします。
  10. インストール先(ボリューム)が表示されますので、
    (ここの画面で、インストール先を変更する事もできます)
    「インストール」をクリックします。
  11. 管理者のユーザ名パスワードを求められるので、入力し
    「ヘルパーを追加」をクリックします。
  12. するとインストールが始まります。
    画面に残り時間が表示されていますが、あまりアテにはなりません。
    私の手元の環境では、3分ほどで再起動を告知する画面になりました。
    そのまま放置していても30秒後に自動的に再起動しますが、
    ウインドウ内の「再起動」ボタンをクリックすれば先に進みます。
  13. ここで、開きっぱなしになっているアプリケーションがあれば、
    自動で全て閉じられてしまいますが、
    閉じる時にアラートが出るような状態(例えば保存されていない書類があるなど)だと
    先に進めませんから、適切にアラートを閉じて下さい。
  14. OS再起動が掛かりますので、しばし待ちます。
  15. OS起動中の画面に残り時間が表示されますが、あまりアテにはなりません。
    私の手元の環境で、ログイン画面が出るまでに30分以上掛かりました。
  16. ログインすると、データとプライバシーに関する説明が表示されますので、
    「続ける」をクリックします。
  17. 解析に関する説明と選択肢が表示されますので、任意に選択して、
    「続ける」をクリックします。
  18. ここでMojave未満のOSの時にはなかった、「外観モードを選択」という
    表示がでますので、好きな方を選んで、
    「続ける」をクリックします。
  19. すると、「Macを設定中」という表示が出ます。
    これが数秒間あって、やっとデスクトップに辿り着きます。
  20. ダウンロード+OS再起動+Macを設定中+入力に掛かる時間など、
    通算で、一時間前後も掛かった事になります。

<インストーラーUSBからの操作>

  1. 準備をします。
    • 所要時間は、トラブルがなくても30分以上掛かりますので、
      時間に余裕のある時に実施して下さい。
      途中で何かしらのトラブルが発生すれば、もっと時間が掛かる事になります。
    • ノート型の場合、電源に接続されていないとアラートが出ます。
      バッテリーが途中で切れると、深刻な障害を起こす可能性がありますから、
      必ず電源を確保してから、作業を始めて下さい。
      (とは言え、100%フル充電を使い切る事は殆どない)
  2. 「インストーラーUSB」の作成は既にできているものとします。
    (まだ作っていない場合は、「macOS Mojave 10.14のインストーラーUSBを作成」にて作成して下さい)
    インストーラーUSBをセットしてから、
    [option]キーを押したままMacの電源をオンにします。
  3. 「Install macOS Mojave」を選択して起動します。
    • マウスなどでダブルクリックするか、
      カーソルキー(矢印キー)で選択して[return]キーを押します。
  4. USBメモリからの起動には、少々時間が掛かります。
    私の手元の環境では、2分近く掛かりました。
  5. ここで、操作は二通りに分かれます。
    1. 「上書きインストール」をする人は、
      そのまま「macOSインストール」を選択して、
      ウインドウ内の右下の「続ける」をクリックします。
    2. 「クリーンインストール」をする人は、
      「ディスクユーティリティ」を選択して、
      ウインドウ内の右下の「続ける」をクリックします。
      1. ウインドウ内の左側にあるリストから、
        インストールしたいボリュームを選択して、
        ウインドウ内の上側にあるツールバーから、
        「消去」をクリックします。
        ※選択したボリューム内は全て空になって消えるので、絶対に間違えないようにして下さい。
      2. 現れたダイアログで、
        「名前」を入力し、「フォーマット」は「APFS」を選択します。
        (「フォーマット」の選択は任意に変えても構わない)
      3. ダイアログ内の右下の「消去」ボタンを押します。
      4. 容量によっては、処理に数分掛かる事もあるかもしれません。
        処理が完了すると、
        ダイアログ内の右下の「完了」ボタンが押せるようになりますので、
        それをクリックします。
      5. 「ディスクユーティリティ」を終了させます。
        方法は二通りあります。
        1. ウインドウの左上角にある赤丸をクリック。
        2. 画面上部のメニューバーから、
          「ディスクユーティリティ」→「ディスクユーティリティを終了」を選択。
      6. 「macOSユーティリティ」のウインドウに戻りますから、
        「macOSインストール」を選択して、
        ウインドウ内の右下の「続ける」をクリックします。
  6. 「Install macOS Mojave」ウインドウが表示されたら、
    「続ける」をクリックします。
  7. ソフトウェアの使用許諾契約が表示されますので、
    目を通したら、「同意する」をクリックします。
  8. ダイアログが出て念を押されるので、「同意する」をクリックします。
  9. インストールしたいディスク(ボリューム)を選択して、
    「インストール」をクリックします。
  10. するとインストールが始まります。
    画面に残り時間が表示されていますが、あまりアテにはなりません。
  11. 自動的にOS再起動が掛かりますので、しばし待ちます。
  12. OS起動中の画面に残り時間が表示されますが、あまりアテにはなりません。
    私の手元の環境で、ログイン画面が出るまでに30分近く掛かりました。
  13. ログインすると、データとプライバシーに関する説明が表示されますので、
    「続ける」をクリックします。
  14. 解析に関する説明と選択肢が表示されますので、任意に選択して、
    「続ける」をクリックします。
  15. ここでMojave未満のOSの時にはなかった、「外観モードを選択」という
    表示がでますので、好きな方を選んで、
    「続ける」をクリックします。
  16. すると、「Macを設定中」という表示が出ます。
    これが数秒間あって、やっとデスクトップにたどり着きます。
  17. OS再起動+Macを設定中+入力に掛かる時間など、
    通算で、30分以上掛かった事になります。


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

Macランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です