自転車の後ろカゴに人工芝(補修編)

一年以上前に、自転車の後ろカゴに人工芝を敷くといいと聞きかじり、やってみました。
その時の記事がこれ。→「自転車の後ろカゴに人工芝

その時に使ったタイラップバンドが、普通のものだったので、
一年もすると劣化して千切れ始めて来ました。
なので、耐候性のタイラップバンドで補修しました。
今回のお題はこれです。


<完成写真>

は、載せても全く代り映えしないので、今回はパス。( ̄▽ ̄)


<準備>

  • 材料
    • 我が家の自転車(写真なし)
    • 耐候性のタイラップバンド
      • これ重要ね、「耐候性」太陽の紫外線や風雨に晒されても、
        耐えうる性能が高いというものです。
        あくまで、「性能が高い」のであって、100%耐えるわけではないので
        そこ、勘違いしないように。
  • 道具
    • ハサミ
      • 普通のハサミです。
      • 元の、耐候性ではないタイラップバンドを切ります。

<工程>

  1. と、言っても、
    元のタイラップバンドを外して、新しい耐候性のタイラップバンド
    交換するだけですが。
  2. 既に千切れてしまっているものは当然交換しますが、
    まだ千切れていないものも耐候性ではないので、
    近い内に千切れてしまうでしょうから、
    切り外して、新しい耐候性のタイラップバンドに交換してしまいましょう。

これで、何年かは保つはずです。
耐候性のタイラップバンドといっても、一本あたりの価格は微々たるものですから
別に大して保たなくても大きなコストにはならないのですが、
やっぱり長く保ってくれた方が、面倒くさくなくて良いです。
希望としては、10年くらい保って欲しいなあ。無理かなあ。



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

手作り・DIYランキング

Macランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です