YouTubeの『APIキー』の取得方法

YouTubeのAPIを利用するには『APIキー』というものが必要になります。
私の作っている「YouTube 再生リスト合計時間 計算器」も
内部でYouTubeのAPIを利用しているので、『APIキー』を使っています。
ここでは、『APIキー』の取得方法を解説します。


  1. Googleのアカウントが必要です。
    まだ取得していない人は、取得して下さい。方法については今回は割愛します。
  2. Google Developer Console」を開きます。
    Googleにログインしていないと、ログインを求められますのでログインして下さい。
  3. ウインドウ内左上の「プロジェクトの選択」をクリックします。
  4. 現れたポップアップ内の右上にある「新しいプロジェクト」をクリックします。
  5. 「プロジェクト名」と「場所」を入力して(何でも良い)、[作成]ボタンをクリックします。
  6. すると、今作成したプロジェクト名が左上に表示されます。
    「APIとサービスを有効化」をクリックします。
  7. APIライブラリの一覧が表示されますので、
    その中から「YouTube Data API v3」を見つけてクリックします。
  8. [有効にする]ボタンをクリックします。
  9. 「YouTube Data API v3」の概要が表示されますので、
    右の方にある[認証情報を作成]ボタンをクリックします。
  10. 「プロジェクトへの認証情報の追加」という内容が表示されますので、
    まず、「使用するAPI」の選択肢から「YouTube Data API v3」を選択します。
  11. すると、「APIを呼び出す場所」という選択肢が現れますので、
    「ウェブブラウザ(Javascript)」を選択します。
  12. 更に、「アクセスするデータの種類」という選択肢が現れますので、
    「一般公開データ」を選択します。
  13. そして、[必要な認証情報]ボタンをクリックします。
  14. これでAPIキーが発行されました。


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

インターネット・コンピュータランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です