『FreeCAD Mac版』を導入したら最初にしておきたい事

『FreeCAD Mac版』を導入してそのままでは、若干使い勝手が悪い場合があります。
そこで幾つか手を加えます。


<「設定」を変更する>

  • 最近使ったファイルを増やす
    • 画面上部のメニューバーから、
      「編集」→「設定」と選択し、
      開いた「設定」ウインドウの左の一覧から、
      「標準」を選択し、
      「標準」タブを選択します。
      「最近使用したファイル一覧のサイズ」を変更します。

      初期値「4」を「10」〜「30」程度にします。
      多すぎても画面からはみ出してしまって使い辛いので加減して下さい。
  • 元に戻せる回数を増やす
    • 画面上部のメニューバーから、
      「編集」→「設定」と選択し、
      開いた「設定」ウインドウの左の一覧から、
      「標準」を選択し、
      「ドキュメント」タブを選択します。
      「ドキュメントで元に戻す/やり直すの使用」に
      チェックを入れ、
      〝「元に戻す/やり直す」の最大回数〟を増やします。

      初期値が「20」ですが、最大で「99」までにしかできません。
  • ファイルの履歴保存を増やす
    • 画面上部のメニューバーから、
      「編集」→「設定」と選択し、
      開いた「設定」ウインドウの左の一覧から、
      「標準」を選択し、
      「ドキュメント」タブを選択します。
      「ドキュメントの再セーブ時にバックアップファイルを作成」に
      チェックを入れ、
      右側の数値を増やします。

      初期値「1」を「5」〜「20」程度にします。
      多すぎても容量を食ってしまいますので加減して下さい。

<『Drawing Dimensioning』ワークベンチの導入>


<「依存関係グラフ」を組み込む>



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

Macランキング



(Visited 1 times, 1 visits today)