対向右折車を煽る迷惑なバス

車などを運転していると、
対向右折車を無理やり先に行かせようとして
煽るという迷惑なバスに遭遇する事がたまにあります。


バスの運転手は視野が狭い

もし、「ゆずってやった」という満足感に浸りたいのであれば、迷惑以外の何者でもありません。
いわゆる、「ありがとう事故」とか「サンキュー事故」とか言われるものの
状況が分からないのでしょう。
直進バスの影から、自転車やバイクがすっ飛んでくる事もあり、
右折車はそれを確認しなくてはならないので、
見通しがいい時に比べて、大きなバスが視界を遮っている状態は迷惑なのです。

バスの運転手は、自らの影に危険が潜んでいる事も、
右折車の視点や気持ちも、事故を避ける安全運転も、何もかも分かっていないのです。


仲間のバスの運行を妨げたくないというエゴ

対向右折車を先に行かせようとするバスは、
自らを含めた仲間のバスの運行をスムーズにしたいという考えもあるのでしょう。
厳密には、対向右折車を先に行かせたいというより、右折渋滞を緩和したいのでしょう。

視野が狭いばかりか、自分たちの都合しか考えていないのであり、完全なる『エゴ』です。
そして、それで交通事故が発生すれば、なんにもなりません。
事故渋滞も発生しかねません。
なのに、対向右折車を煽るという事は、危険な事に気づいていないのですから、
自分たちの都合が良い事しか考えていないと言えます。


対向右折車を待つ罠

さて、「ゆずってもらった」と感じようが、「煽られたので仕方なく」と感じようが、
そこで、先に右折しようとすれば、危険が多くなる事は既に書きましたが、
その状態で交通事故になれば、100%右折車が悪い事にもなりかねません。
とにかく、その状況で右折を始めて交通事故になれば、どう転んでも加害者になってしまいます。
対向直進バスに煽られても、
無視して右折を始めなければ、加害者にならない可能性があります。

対向右折車は、停止している方が安全で有利なのです。
右折を始めれば、そこは『罠』なのですから、飛び込む必要はありません。


事故を起こさせようとする悪質なバス

もっと酷いと、パッシングするだけではなく、
対向右折車が動き始めると、加速を始める直進バスがいます。
視界を妨げている物がある状態で右折するのは、
見通しがよい場合に比べて危険な事は既に書きましたが、
対向右折車がそのまま加速して安全確認もろくにせずに
勢いよく通り過ぎてしまうとでも考えているのでしょう。
そういうタイミングのとり方をしていなければ、直進バスが加速するわけがありません。

もし違うのであれば、意図的に事故を起こさせようとしているとしか考えられません。
とても「対向右折車に譲った」などという状態ではありません。
安全確認をろくにせずに右折をするなら論外ですが、
右折車は安全確認のため、ゆっくり進行するか、途中で停止する可能性すらあるのです。
なのに、加速を始める直進バスは、
もしその対向右折車にぶつけても、加害者にはなりにくいでしょう。
つまり、わざと交通事故を起こさせようてしているのか、
そういう危険を感じさせて喜んでいるのでしょう。

加速を始める直進バス自体がぶつかる危険もありますが、
加速を始めた時に、その影に自転車やバイクが潜んでいれば、
それらも釣られて加速する可能性があります。
つまり、より交通事故になる危険が増すのです。
すると、対向右折車は安全確認がより多く難しくなるので、
交差点の中で停止する事にも繋がります。

さて、その状態で、思惑通りに行かなかった直進バスが、
対向右折車が進路を塞ぐなどという事態を想定していないのですから、
急ブレーキをかけてでも止まろうとするでしょう。
すると、対向右折車にぶつからなくても、直進バスの車内でけが人が発生すれば、
やはり、対向右折車が加害者にされかねません。

ひょっとすると、車内事故を避けるという名目で、
ろくに減速せずにそのまま対向右折車に突っ込むかもしれません。

最悪ですね。
対向右折車は、どう転んでも悪くなってしまうのですよ。


罪の意識が皆無なバス

ここまで、対向右折者の置かれている危険について書き綴ってきました。
対向右折車を煽る直進バスがいかに悪いのか、もうお分かりかと思いますが、
もし、対向右折車が「ありがとう事故」になってしまっても、
そのバスは罪の意識を微塵も感じる事無く、いや感じたとしても、
そのまま、当事者ではないかのように通り過ぎて行く事でしょう。
どちらにせよ、加害者は対向右折車になるので、
警察もその直進バスを「逃げた」とはせずに探しもしないでしょうから、始末が悪いのです。


やめて欲しい

さてさて、対向右折車はそんな交通事故も危険な状態も望んでいるはずはありませんから、
直進バスが煽ってきたとしても、無視して動かないのが一番良いのです。
しかし、何度も煽ってきますし、もっと酷いと、
直進であるはずのバスが、交差点に入ったところで停止して更に煽ってくる場合があります。
はっきり言って、迷惑でしかないのですから、やめて欲しいです。

そういった諸々の事が分かっているのであれば、煽ったりしないはずです。
対向右折車を煽るような運転手は、運転自体をやめてもらいたいくらいです。
対向右折車を煽るような運転手は、向いてないんですよ、車などの運転には。


前走右折車を交差点内で追い抜くバス

煽られても無視していると、その前走右折車を交差点内で追い抜く後続のバスがまれにいます。
もうこいつら、安全も交通法規も無視しているんでしょうね。
対向右折車が直進バスに煽られても無視していると、後ろからも煽られる事はありますが、
流石に、交差点内で前走右折車を追い越ししていく後続右折バスは滅多にいませんが、
実際にいるのですから怖いですね。


ゴールド免許

蛇足になりますが、私は常にそういう事を考えて安全運転を心がけているので、
11年間タクシー運転手をやっていましたが、無事故無違反のゴールド免許です。
タクシー運転手を辞めたのは、心身を病んでしまって続けられなくなったからです。
もっと続けられたら、何年ゴールド免許を保持していたのでしょうね。

反論があるのであれば、まずは自身の免許証の色や点数を確認してください。
無事故無違反の運転手でなければ、何を言っても負け犬の遠吠えです。

たまに「そんな事言ってたら運転なんてできねえよ」とか言い出す人もいますけれど、
前出で書いたように、そういう運転手はもう車などを一切運転しなくていいですよ。
愚の骨頂ですね。



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

自己啓発ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です