『Delphi』をインストールする – 『Delphi』入門

わけあって、『Delphi』に触れる機会があり、
ぐぐっても使える情報が少なく、ほぼ無いに等しくちょっと困ったことになりました。
その知識の全くなかった筆者が奮闘しながら入門書を書いてみようと思い立ちました。


『Delphi』のシステム要件

『Delphi』は、いろんなOS上で動くアプリを制作できますが、
『Delphi』自体をインストールするには、あまり選択の余地がありません。
以下、「Delphi 11.2」の場合です。

  • Microsoft Windows 10(64-bit)、Windows 11
  • Intel Pentiumまたはその互換機1.8 GHz以上
  • 3GBのメモリ(8GB以上を推奨)
  • 6~60GBのディスク空き容量(エディションとインストールする機能によって異なります)
  • 1440×900 以上の高解像度が動作する DirectX 11対応のビデオカード(1080p以上のスクリーンを推奨)

あと、『Delphi』をインストールするには、インターネットに繋がっていないといけません。

システム要件を見て、Mac派の私はちょっとがっかりしました。
そう、OSはWindowsしか選択の余地がないのです。
MacやiOS、Linux向けなどのアプリを開発するとしても、
Windowsでしか『Delphi』は動きません。
(しかも、近年のMacやiOS向けのアプリは作れても、別途、AppleのDeveloper登録と、できあがったアプリに署名や審査が必要になります)

なお、旧バージョンがどうしても必要な場合、
問い合わせるように公式サイトに書かれていたため、旧バージョンも手に入るのかもしれません。
その際は、上記のシステム要件が当てはまらない場合があります。


ダウンロード

『Delphi』は、いくつかの種類があり、有料のものだけでなく
トライアル版とは別に、無料のものがあります。
無料のものは、「Delphi Community Edition」というエディションです。
今回ダウンロードするのはこの「Delphi Community Edition」です。
しかし、ダウロードが簡潔になっておらず、少し面倒になっています。
その詳細と手順を以下に記述します。

  1. Embarcadero Technologies(エンバカデロ・テクノロジーズ)の公式サイト、
    EMBARCADERO」に行きます。
  2. 開いたページの上方に「無料版」があるので、カーソルを合わせます。
    すると、メニューがプルダウンしますので「Delphi Community Ed.」をクリックします。
  3. ページが変わって、「Community Editionを無料ダウンロード」をクリックします。
  4. すると、企業ユーザーかどうか問われるので、「いいえ」をクリックします。
    (「はい」をクリックしてしまうと、「Community Edition」とは違うエディションの30日トライアルのページに行ってしまいます)
  5. そしてページが変わると、ユーザー登録を伴ったものが表示されます。
    どうやら、ユーザー登録しないとダウンロードできない仕様のようです。
    なので、でたらめなことを入力しないで、ちゃんと真面目に項目を埋めてください。
    名前は、本名じゃないといけないか、匿名でもいいのか分かりませんでした。
    (私は、電話番号も本当のもので、本名で入力しました)
    ここで、「会社名」には「*」が付いていなかったので必須ではないと思い、
    空欄にしたら通らなかったので、仕方なく「某」と入力しました。
    (この仕様は多分間違いなのでしょう)
  6. そこで始まったダウンロードの名称を見て疑問がわきます。
    「RADStudio-1042-esd-4203.exe」となっていたのです。
    「リンクが間違っていて違うアプリがダウンロードされてるのでは?」と
    思いましたが、これで合っていました。
    紛らわしいですが、「RAD Studio」というアプリの中に『Delphi』は含まれていて、
    更にそこで、ダウンロードをする仕様になっていました。

インストール

  1. ダウンロードが終わったら開きます。
    すると、「RAD Studio」のセットアップが起動します。
    画面に従って入力しながら先に進みますが、
    ライセンスをどうするか問われる画面が出てきます。
    有効なライセンスは、
    最初にユーザー登録したときに入力したメールアドレスに来ているはずです。
    そのメール内にある「Serial Number」というのがそれです。
    (なんでこう、いちいち紛らわしい仕様になっているのか疑問です)
    そして、インストールが始まり、自動的に「RAD Studio」が起動します。
  2. ここでやっと、必要な『Delphi』を選択できるようになります。
    必要なものを選択したら、「続行」ボタンをクリックします。

  3. 次の画面では言語オプションを選択できます。
    日本語以外が苦手な私としては、とてもありがたいですね。
    ※ここで、「Help」にもチェック入れておきましょう!

    私は、この「Help」を見落として、標準設定のままHelp無しにしていたので、
    後でアンインストールする羽目になりました。
    それについては、また後述します。
    「Samples」もチェックしておいた方がいいかもしれません。
    必要なものを選択したら「インストール」をクリックします。
  4. すると、インストールの進捗画面になります。
    少し時間がかかります。
  5. これでインストールは完了です。
  6. 自動的に『Delphi』が起動してウインドウが開きます。
    若干の初期設定を入力するダイアログがでてくるはずです。
    入力を終えると、『Delphi』が使える状態になります。

確認

これで、『Delphi』が使える状態になっているはずですが、一応軽く確認してみましょう。
自動的に起動してウインドウが開いていると思いますが、
その左上にちゃんと『Delphi』と表示されていますね。
バージョン番号も表示されていると思います。

メインメニューの「ヘルプ」→「Embarcadero Delphiのバージョン情報」を選択すると、
もう少し細かい情報が表示されます。


あれ?

『Delphi』の最新バージョンて、現時点では「11.2」ではないのでしょうか?
「10.4」と表示されていますね。

バージョンのアップデート機能とかは、そなわっていないようです。
ちょっと探してみましたが、見あたりませんでした。

エディションによってバージョンが違うのかもしれませんね。
最新版を、どうしても使わないといけないわけでもなければ、
取り敢えず放置しておきましょうか。( ̄▽ ̄)


インストールされたはずなのに見当たらない

デスクトップには『Delphi』のショートカットがあるけれど、
スタートメニューに見当たらないのですよ。
「D」にはないし、また「RAD」か?と思い、「R」を見ても見当たらない。
仕方ないので端から「新規」の表示を頼りに探したら、ありましたよ。
「Embarcadero RAD Studio 10.4」ですと。
「E」のところに居ました。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
なんで、こう紛らわしいのかね。先が思いやられるわ。そんなじゃ、初心者には厳しいぞ。



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

パソコンランキング

開発・運営ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。