「(PROXXON ペンサンダー向け)ペーパー切り出し器」のリリース・ノート

特集ページ > リリース・ノート集 > 「(PROXXON ペンサンダー向け)ペーパー切り出し器」のリリース・ノート

「(PROXXON ペンサンダー向け)ペーパー切り出し器」には、4形状ありますが、
バージョン表記は、4形状ともほぼ共通となっています。

  • ver.6.1

    • 外側からでも、切り出しの形状が分かるように
      形状のマークを刻印したバージョンになります。
    • これまでは、パーツを抜かないと、形状が分からなかったので、
      作業効率を上げたことになります。
  • ver.6

    • ver.4.xより強度を出し、
      かつ、ver.5.xより材料を節約することを目標に開発されました。
    • ver.4で弱かった部分を凹凸形状にする事によって強度を高め、
      他の部分は、ver.4と変わりない構造にする事により、
      両立した目標を達成したバージョンになります。
    • したがって、他の、三角、丸、俵、の3っつの形状には、
      このバージョンはありません。
  • ver.5.x

    • ver.4.xと同じ構造で、四角形状を製造すると、強度が足りなくなり
      すぐ破損してしまうことから、構造的に強化した試作バージョンです。
    • したがって、他の、三角、丸、俵、の3っつの形状には、
      このバージョンはありません。
    • このver.5.xは、材料を多く消費してしまう(コスト高)ので不採用となり、
      新たにver.6.xを設計し直すこととなりました。
    • 未公開で廃盤になっていますので、購入者はいません。
  • ver.4.x

    • 初の公開バージョンになります。
    • 押し出す棒だけでは不充分なので、反対側から押さえる棒を付け足しました。
      これにより、3ピース構造が確立しました。
    • 同じ、ver.4.xでも、微妙に寸法の違うバリエーションが有り、
      より良いものを目指してマイナーチェンジをしています。
  • ver.3.x

    • もう一度、全く新しく構造を設計し直しました。
      筒状のパーツに型の棒を押し抜く方法になります。
    • 何度もちょっとずつ形状を変えて試作しましたが、決定打ができず、
      結果として、公開されることはありませんでした。
  • ver.2.x

    • ver.1.xの構造では、コストが高く、製造工程も難しくなってしまうので、
      全く新しく構造を設計し直しました。
    • ver.1.xと違い、「刃」を無くし、ホッチキスのような形状を目指して
      開発を勧めましたが、構造が複雑になりすぎるため、開発を中断しました。
  • ver.1.x

    • 最初の公開予定バージョンで、表記は無かったため「無印」とも呼びます。
      ですが、実際には公開まで踏み切れませんでした。
    • 現在では廃盤となっていて、実際に購入した方はいません。
    • ステンレス製の刃を持つ「型抜き」のような形状でした。
  • ver.1未満

    • 開発時のバージョンで非公開&廃盤になっています。

特集ページ > リリース・ノート集 > 「(PROXXON ペンサンダー向け)ペーパー切り出し器」のリリース・ノート



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

手作り・DIYランキング