Ubuntuで使ってる『Systemback』がエラーを吐くのでp2

「Ubuntu」で使っている『Systemback』アプリがエラーを吐いて、
またもや、バックアップを作ってくれなくなりました。
対処できたのでメモがてら公開します。
前回の「Ubuntuで使ってる『Systemback』がエラーを吐くので」とは、違うようです。


エラーの意味が分からない

いつもどおり、バックアップを確認したら、エラーを吐いて止まっていたので、
いつもどおり、バックアップ用のディスクを起こして、手動で作成しようとするも、
バックアップの途中で同じエラーを吐いて止まってしまいます。

エラーメッセージを直訳してみると、
「復元ポイントの作成は中止されます!
この操作中にファイルシステムに重大な変更がありました。」
ということらしいのですが、どうすればいいのかが分かりません。


前回と同じコマンドをやってみる

取り敢えず、前回の時と同じように、「端末」アプリで以下のコマンドを実行してみます。

結果。
エラーメッセージを直訳すると、
「次のファイルのクローン作成中にエラーが発生しました」ということです。
表示されているファイルが壊れているか、権限の問題でもあるのでしょうか?

取り敢えず、そのファイルを調べてみます。
パスの途中に隠しディレクトリがあるので、ちょっと面倒です。
「端末」アプリで「ls -a」コマンドと「cd」コマンドで辿り着きました。
しかし、そのファイルの何が悪いのかわかりません。
そこで、移動してみようしたり、リネームしようとしてみたりしたのですが、
上手く行かず、削除もできませんでした。


困った時はグーグル先生

仕方ないので、ググってみたのですけれど、ピンとくる情報が得られず、
時間ばかりを浪費してしまいます。
そもそも、そのファイルが入っている「lists」というディレクトリは何なんでしょう?
色々と分からないまま、ひとつのページに辿り着きます。

私のトラブルとは全く違う話なのですけれど、
どうやらその「lists」というディレクトリの中身は全て削除してしまっても大丈夫なようです。
では、試しにそれをやってみようと思い立ちます。

まずは、「端末」アプリで下記のコマンドを実行します。

続けて「ls -a」コマンドで「lists」ディレクトリの中身が何も無くなったのを確認します。
そして、下記のコマンドを実行します。

再び、「ls -a」コマンドで
「lists」ディレクトリの中に無数のファイルが作られている事を確認しました。
これで、「パッケージリスト」は正常になっているはずです。


そして『Systemback』は

試しに、これで『Systemback』アプリを起動して、バックアップを作成してみます。
しばらく待つと、なんとあっさり正常に作成できました。


あとがき

こんな感じで、いつも行き当りばったりで、
意味もよくわからずに試行錯誤の末、なんとかなっているのが現状です。
もっとしっかり、勉強したほうがいいんだろうなあ、とは思っていますが、
日常に押し流されているのが現状で、なかなか勉強してる余裕がないんですよね。
今、他にも進行が止まってるプロジェクトがいくつかあって、
放置したままにしておくわけにはいかないのですよ。
優先順位が高いものから手をつけていくしかないわけですけれど、
とても手が足りない。猫の手も借りたいです。
でも、アルバイトとか雇う資金もないんですよね。( ̄◇ ̄;)



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

パソコンランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です